審査なしで誰でも持てる!?おすすめのETCカードとは?

ドライバーの約9割が利用していると言われているETCカード。 高速道路や有料道路の料金所をノンストップで通過出来たり、クレジットポイントやETCマイレージが貯まったり、ETCカード利用者のみが受けられる割引サービスがあったり。
ETCカードは今やドライバーには欠かせないアイテムとなっていますよね。

しかし、いざETCカードが欲しいと思った時に、専業主婦や学生、派遣社員などで収入が安定しなかったり過去に金銭事故を起こしてしまっていたりと、なかなかETCカードが手に入れることが出来ない方や申込むのに悩んでしまっている方もいると思います。

そこで今回はETCカードで頭を抱えてる方の為に、審査が通りやすいと言われる審査の甘いETCカードや審査を通さなくても手に入れられるETCカードをご紹介していきます
高速道路や有料道路を利用するにあたり、便利なETCカード。絶対手に入れたいですよね!



料金所をノンストップでスイスーイ!ETCカードとは?

有料道路や高速道路の料金を自動計算できるETCを利用するには、精算元となるETCカードを取得する必要があります。 ETCカードを取得する方法は大きく分けて2つあります。



ETCクレジットカードで取得する方法

クレジットカードから追加発行する方法。 ほとんどのクレジットカードに、追加オプションとして『ETCカードの発行』が付帯しています。



ETCパーソナルカードで取得する方法

クレジットカードのような審査はなく、デポジット(保証金)を支払い取得する方法。 ETCパーソナルカードは、デポジットの支払いが理由で、ほとんんどの方は、クレジットカードから追加発行する方法を選ぶようです。

既に、ETC対応のクレジットカードを持っていれば、カード会社へETCカードの追加発行を申し込めばいいのですが、クレジットカードを持っていない方は、新しくクレジットカードを申込み、一緒にETCカードを申し込む必要があります。
その為、ETCカードにも実質的には審査があると言えます。

「やっぱり、審査が必要か…」と、ドキッとしてしまった方も大丈夫です!
審査が不安に思っている方の為に、審査が通りやすいクレジットカードや審査なしで手に入るETCパーソナルカードについて詳しくご紹介していきます!
自分にはどちらが合っているのか比較しながらご覧ください。



審査が甘いETCカードとは?

先ほども少しご紹介させていただいた通りETCクレジットカード審査=クレジットカード審査です。 ETCカードだけに独立した審査はなく、ETCカードを手に入れるにはクレジットカードの審査を通らなければ手に入れる事は出来ません。

では、審査が不安な方はどうすれば良いのでしょうか?



流通系のカード会社を選ぶべし!

カード会社にも種類があります。 例えば、銀行が発行する『銀行系』や信販会社が発行する『信販系』、他にも、『国際ブランド系』や『消費者金融系』『交通系』など。

その中でも、スーパーやコンビニ、ガソリンスタンド、ネットショッピングなどが発行する『流通系』のカード会社は審査が甘いと言われています。

理由は流通系のカード会社はスーパーやコンビニなど、日常生活に密着したカードが多く、顧客を大量に獲得する目的がある為。
ターゲットが幅広く、収入が安定しない主婦、学生、派遣社員など、返済に不安があると思われても沢山の人にカードを発行し販売促進に繋げる為、審査基準が低く審査が甘いと言われてるのです。

審査基準が高い順に
国際ブランド>銀行系カード > 交通系カード > 信販系カード > 流通系カード > 消費者金融系カード

『国際ブランド系』のVISA、MasterCard、JCBはもちろん。
『銀行系』の三井住友VISAカード、JCBカード、ダイナークラブカードなども候補から外して申込むカード会社を選んでいきましょう。



ショッピング枠は『低く』、キャッシング枠は『なし』で申込むべし!

ショッピング枠とは、クレジットカードでショッピング(買い物)する可能な限度額の事。 一般的なクレジットカードでの利用限度額は、50万円〜100万円に設定されています。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使用し、カード会社からお金を借りる利用限度額の事。

クレジットカードを申込む際、ショッピング枠とキャッシング枠をいくらに設定するか決める項目があります。

その際に、ショッピング枠を極力低く、キャッシング枠を可能な限り低く(可能なら0円)で申込めば審査が通りやすいと言われています。

他のクレジットカードでキャッシングをしている方や以前、ブラックリストに載ってしまっていたなど、審査が甘いと言われる『流通系』のカードでも、申込むにはまだ不安が…。
と言う方は、クレジットカードを申込む際、ショッピング限度額を低く、キャッシング利用額をなしと申込む事で、お金目的ではありませんよー。と言う意思がカード会社に伝わるので、審査に通過する確率がグンと上がると言う訳です。



審査が甘いおすすめETCカード

では、実際、審査が通りやすいETCカード(クレジットカード)とはどのようなカードがあるのでしょう? 何点かご紹介していくので、参考にしてみて下さい。



楽天カード

ポイントが溜まる、溜まる〜♪8秒に1人が申込んでいる大人気のカード!

  • 年会費  無料
  • ETC年会費  500円
    楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天ブラックカード、『楽天PointClub』会員ランクがダイアモンド又はプラチナの場合は年会費無料。
  • 還元率  1.0%〜
  • 発行期間  最短5営業日
  • ETC発行期間  最短14営業日
  • 限度額  10万円〜100万円
  • ブランド  VISA、MasterCard、JCB
  • 電子マネー   楽天Edy

ターゲット層も幅広く、常に会員数が増え続けているので、主婦の方や学生、アルバイトなど、収入が安定しなくても審査が通りやすいクレジットカードの1つです。 通常ポイント還元が1%、楽天市場のお買い物で4%。
さらに、ガソリンスタンドのENEOS、JOMOで2%。(ガソリン代、リッター約2.5円割引になる計算)そして、ETCカードも100円ごとにポイントが溜まっていきます。
給油とETC利用でポイントが溜まるのは、ドライバーにとっては本当に大きなメリット!



セゾンカード

ETCカード即日発行に対応しているのはこのカードだけ!

  • 年会費  無料
  • ETC年会費  無料
  • 還元率  0.5%
  • 発行期間  最短即日
  • ETC発行期間  最短即日
  • 限度額  30万円〜150万円
  • ブランド  VISA、MasterCard、JCB
  • 電子マネー  iD、QUICPay

専業主婦、学生(高校生を除く、18歳以上)でも申込み可能な、クレジットカード。 審査に落ちてしまうのは、過去に大きな金銭事故を起こしてしまった人くらいと言われている審査の甘いカード。
毎月5日、20日はセゾンでカードで買い物をすると、大手スーパー西友、リヴィン、サニーの食料品、衣類品なんでも5%オフでなる事で、セゾンカードも申込者の約70%は女性と言われています。
ポイントは永久不滅なので、カードをあまり使わないと言う方でも、ポイント期限に追われることがないので嬉しいですね。
また、公式サイトで申込み後、店頭でカードを即日受け取ることが出来ます。
ETCカードも即日発行してくれるのはセゾンカードだけなんです!



オリコ THE POINT

入会後半年間、ポイント2倍!

  • 年会費  無料
  • ETC年会費  無料
  • 還元率  1.0%〜
  • 発行期間  最短8営業日
  • ETC発行期間  最短9営業日
  • 限度額  10万円〜300万円
  • ブランド  VISA、MasterCard、JCB
  • 電子マネー  iD、QUICPay

申込資格は高校生を除く、18歳以上である事だけ。 年収100万円未満でも審査を通ったと言うカードレビューがあるくらいなので、審査はそこまで厳しくないと言われています。
オリコ THE POINTは、その名の通りポイントが溜まりやすいカード。
Amazon、Yahoo!ショッピングなどでポイント2倍!貯まったポイントは、商品券やマイル、Tポイント、楽天スーパーポイントなど、使い勝手抜群!
ネットショップでかなりの力を発揮する年会費無料の高還元のカードは、なかなかありません。



イオンカード

20日30日は5%オッフ〜♪

  • 年会費  無料
  • ETC年会費  無料
  • 還元率  0.5%
  • 発行期間  最短7営業日
  • ETC発行期間  最短14営業日
  • 限度額  10万円〜50万円
  • ブランド  VISA、MasterCard、JCB
  • 電子マネー  イオンID、WAON、suica

大手スーパーのイオンが発行しているクレジットカードで、ターゲットが幅広く、収入がない、専業主婦(主夫)、学生でも申込む事ができ、生活に欠かせない、食材や日用品がお得に購入できる、審査が甘いクレジットカード。 また、ETCゲートで開閉バーに激突し、車両を損傷された事故に対し、年1回、一律5万円のお見舞金が貰えるETCゲート車両損傷お見舞金制度』が付帯されます。



先ほど、ご紹介した、審査が甘いと言われるおすすめのクレジットカードは、過去に金銭事故情報(クレジットカードや携帯電話、ローンの支払いなどを3ヶ月以上延滞した場合など)が信用情報機関に登録されてしまっている方、いわゆるブラックリストに載ってしまっている方は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いので、クレジットカードと一緒にETCカードの発行を諦め、ETCパーソナルカードを発行することをおすすめします。
では、次にETCパーソナルカードについて詳しくご説明していきましょう。



審査なし!?ETCパーソナルカードとは?

ETCパーソナルカードとは、NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同で発行するETCカードの事。 クレジットカードから発行されるETCカードではなく、カード会社を通さず金額は直接、道路事業者へ支払われる為、審査が不要なETCカード。

クレジット機能はいらない方や、過去に、金銭事故を起こしてしまい、信用情報機関に登録されてしまっている方など、クレジットカードを持てない方の為にあるのが『ETCパーソナルカード』なんですね。
さて、このETCパーソナルカード、クレジットカード会社から発行されるETCカードとの違いはどうなんでしょう?



発行にはデポジット(保証金)が必要!

ETCパーソナルカードを申込む際に、あらかじめデポジットを預託しなくてはなりません。 その金額は、申込みの際に、高速道路や有料道路の平均利用月額を申告し決めていきます。


  • 平均利用金額 5,000円の場合、デポジット額20,000円
  • 平均利用金額10,000円の場合、デポジット額40,000円
  • 平均利用金額15,000円の場合、デポジット額60,000円
  • 平均利用金額20,000円の場合、デポジット額80,000円  

カード発行後、実際の利用金額に応じてデポジットの増額の案内があります。 この案内通りにデポジットを振り込まないと、カードを止められてしまうので注意してください!


支払い方法は?
ETCパーソナルカードの通行料金は1ヶ月単位で銀行口座から引き落とされます。分割払いはありません。
年会費は?
クレジットカード発行のETCカードは年会費無料のカードが多いのですが、ETCパーソナルカードは年会費1,234円かかってしまうんです。
申込方法は?
ネット申し込み不可!郵便での申し込みになります。
サービスエリアに置いてある『ETCパーソナルカード利用申込書』に必要事項を記入し、郵送してください。
発行期間は?
申込書の確認が取れると、デポジット振込用の払込取扱票がお送られてくるので、郵便局又は、コンビニで振り込んだ後、約2週間でETCパーソナルカードが郵便で届きます。
割引は?
クレジットカード会社が発行するETCカード同様、ETCマイレージサービス、休日割引、深夜割引などの割引を受ける事が出来きます。

ETCパーソナルカードはクレジット機能を持っていないので審査がなく、ETCカードを手にいれる事が出来るのが大きな魅力です。 しかしデポジットが最低でも2万円、年会費1234円がかかってしまう事や申込書もサービスエリアまで取りに行く事(郵便依頼もあり)など、費用や手続きの事を考えるとデメリットの方が多いのがちょっと残念なところでもあるようです。



法人向け!クレジット機能がなしのETCカード

個人事業主の方、自営業の方や法人登録をしている企業の悩みの1つ。 『会社専用クレジットカードが作れない問題』

プライベートな支払いが混ざっていなければ、個人のクレジットカードを使用すれば問題ないですが、ETCはそうはいかないのです。
個人のETCカードではプライベートで使用したのか、仕事で使用したかが区別できず、税理士さんから法人カードへ変更するように言われてしまうのだそう。
そこで、法人用のクレジットカードとETCカードを申し込むわけなんですが、その審査は個人のクレジットカードよりハードルが高い!

でも、ETCカードは欲しいですよね…。
そんなあなたに、あります、あるんです。クレジット機能なしの法人向けのETCカード!



法人ETCカード
  • 出資金(脱退時返金)  10,000円/1社
  • 発行手数料  540円/1枚
  • 取扱手数料  540円(1年)/1枚
  • 発行期間  約10日
  • 支払方法  口座振替

高速情報協同組合が発行している、法人用クレジットカードとETCカードの審査を通ることが出来なった、企業や個人事業主の方などでも、ETCを利用できるカード。 レンタカーなどの限定はなく、どんな車でも使用できます。
休日割引30%、深夜割引30%と走る曜日や時間に合わせてお得な割引が受けられます。



あなたはどちらのETCカードを申し込む?

高速道路や有料道路を利用するドライバーなら誰もが欲しい『ETCカード』。 年会費やポイント、使いやすさを考えると、クレジットカードから追加発行するETCカードがおすすめです。

…が!肝心なクレジットカードの審査がどうしても通らず、ETCカードが手に入らない方もいらっしゃいますよね。
そんな時は、保証金がかかってしまったり、手続きなどが少し面倒ですが、発行するのに審査不用な『ETCパーソナルカード』を申し込みましょう。

でも、いつかは絶対クレジット会社が発行するETCカードを手に入れる!
と思われている方は、クレジットカードの審査を確実に通る為に、流通系のカード会社より審査が甘いと言われている消費者金融系のカード会社に申込み、クレジットヒストリー(信用履歴)の実績を積んでいく必要があります。
そしてしっかり信頼を取り戻した後、再度ETCカード取得に向け申込みを行いましょう!

今の自分はどちらのETCカードを申し込むべきなのか?
今後自分にとってメリットがあるのかをしっかり見極め、『クレジットカード会社が発行するETCカード』か『審査不要なETCパーソナルカード』にするのかを決めていきましょう。

申し込む際にはくれぐれも年収や勤務先などに間違いがないように正確に記入してくださいね!