審査落ちを未然に防げ!カード審査で重視されるポイントは?

審査の甘いと言われるクレジットカードをネットの情報や口コミを参考に選んで、申し込んでみたけれど審査に落ちてしまった…。審査が甘いはずなのになんで!? という方、結構多いんです。

審査が甘いと言われているクレジットカードでも、しっかり審査が行われているので審査基準に沿わない場合は当然審査に落ちてしまいます。
申し込みをした全員が審査に通るという訳ではないんですね。

「審査が行われているのは知っているけど、なにを基準に、どんな審査方法で行われているのかは知らない…。」
という方の為に、審査方法や審査基準、重視されるポイントをご紹介していきます。

クレジットカードの審査に通るためには、カード会社が行っている審査基準や審査方法を理解しておく必要があります。
カード会社が重視する審査ポイントをしっかり抑え、未然に審査落ちを防ぎましょう!



カード会社の審査方法って?

カード会社は、細かな審査をして申込者の信用レベルを測っています。 その審査の1つが、コンピューターによる自動スコアリングシステム
スコアリングシステムとは、いったいどのようなものなのでしょうか?



スコアリングシステムとは?

スコアリングシステムとは、申込書の属性や信用情報機関の照会で得た他社での借入額、支払い状況などの情報を元に、コンピューターで点数を付けし、その合計点でランク付けを行います。 この合計点数の結果でクレジットカードを発行するのかを判断する仕組みとなっています。

クレジットカードに関する属性は次のような項目とは


  • 年齢
  • 性別
  • 住宅状況
  • 居住年数
  • 職業
  • 勤務形態・所属部署
  • 勤続年数
  • 年収
  • 勤務先企業規模
  • 配偶者の有無
  • 同居家族の人数 
  • 固定電話の有無

など…この他にも、給与の支払形態、 社会保険の有無、勤務先会社の資本金、借入状況、延滞履歴や事故履歴など、カード会社によって細かく設定されています。 これらの属性を、各カード会社が決めた点数で採点していきます。

例えば年収だと、200万円なら○点、300万円なら○点といった具合に各属性ごとに点数を付け、合計点を出していくのです。



ここが重要!スコアリングシステムが重視する属性とは?

申込書に記載する属性の全ては審査をする上で大切な項目です。
その中でも、各カード会社が重視している属性は年齢、年収、住宅状況、勤続年数、職業、勤務先企業規模の6つなんです。

この6つの属性、どのような状況で点数の高い、低いが決められていくのでしょうか?
ちょっと詳しく見てみましょう!



年齢

金銭的な余裕が出てきて、年齢20代後半から60歳くらいまでが点数が高くなっていくようです。 理由は金銭的な余裕が出てくる可能性と、年齢を重ねていくと事で、お金の管理もわきまえられてくるからと考えられています。
そして、定年を過ぎる年齢から徐々に点数が下がってくようです。
理由は、顧客生涯価値(顧客が亡くなるまで企業に期待される利益や価値)が減ってしまうことが原因みたいです。



年収

もちろん、年収が多い方が点数は高くなります。 しかし、申込書に記載する年収は自己申告制。クレジットカードを作りたいがゆえに嘘の年収を申告してしまう方が多いのが現状。
年収が多い少ないよりも、職業や、年齢などの属性が適切な範囲である事の方が重要です。
信頼性に欠けてしまう事の方が問題なので、ここでは自分の年収を正確に記載しましょう。
年収金額を多く記載したかといって審査が通るという訳ではありませんので注意!



住宅状況

住宅状況は、持ち家、社宅、賃貸などがありますが、点数が高いのは、持ち家。 持ち家の所有者は、ある程度の経済資産、住宅ローンが組める信頼があり、夜逃げもすぐには出来ないからだそうです。
また、家族所有の持ち家であっても、例えば申込者がクレジットカードの支払いができない場合、家族に払ってもらえることが可能と考え、比較的高い点数だと言われています。
しかし、年収が低く、住宅ローンを組んでいる場合、経済的に厳しい事が考えられるので審査に落ちてしまうケースがあります。よって一概に持ち家が良いとは言えないのです。

賃貸アパート等はすぐに転居ができてしまうので、カードの支払いができなくなった場合、引っ越し、簡単に逃げられてしまう可能性が考えられるので、点数が低いと言われています。
しかし、賃貸アパートでも、家賃の支払いをしっかり続けられていれば、居住年数の点数が高くなりますので家賃の支払いは延滞せずに行いましょう。



職業

勤め形態は、点数が高い順に正社員、契約社員、派遣社員、フリーターであることが推測されます。 これに、自由業や自営業、年収、主婦など入ってくるのですが、ここはカード会社によって点数は異なると思われます。
理由は、自営業に対して厳しいカード会社や、各カード会社が重視しているターゲット(年齢や主婦など)が異なるからだと言われています。



勤続年数

長年働いていていれば、それ自体が信頼に繋がり点数が高く、それとは逆に数ヶ月で仕事を辞めてしまった方は、信頼に欠け、点数が低いことが考えられます。 また、自営業や自由業の方、事業の失敗が考えられる1年未満の会社の代表者も、安定した収入が得られているかの信頼に欠けてしまうので、点数が低いと言われています。
ここでは、申込者が続的に安定した収入を得られているのか?という事が判断されているのです。



勤務先企業規模

従業員が5〜10人程度の個人経営や中小規模企業で働いていると言うよりは、数百人、数千人の従業員の上場企業勤務の方が点数は高いことが考えられます。 この場合は倒産の危険を考え、上場企業>中小規模企業ということからなんですね。



このように、スコアリングとは、審査からカード発行までを客観的に行えるシステム。 属性の点数はカード会社よって多少違いはありますが、そこまで大きな点数の差はないと考えてよいでしょう。



最も重視されるのは申込者の人間性!

申込書に記載された属性をスコアリングしただけでは、申込者のお金に対する考え方や性格までを判断することはできません。
そこで、どのカード会社も共通している重要な審査基準が『3C』と呼ばれる、Capacty(資力)、Character(性格)、Capital(資産)3つの観点からチェックしています。

各カード会社は『属性だけではなく、申込者という人全体を見る』という事を目標に審査をしています。
具体的に『3C』とは次のとおりです。



Capacty(資力)とは?

支払いや返済する能力があるかを見る観点。 継続的で、安定した収入が得られているのかをチェックしています。
クレジットカード審査で重視される『Capacity(資力)』は、職業や年収、他社からの借入額など、申込書に記載されている属性から判断しているのです。



Character(性格)とは?

お金に対する向き合い方を見る項目。 決められた期日に返済できるか、入金忘れや借金の踏み倒しなどを避けるため、今までの支払いを延滞していないか、クレジットヒストリー(信用履歴)などを参考に信用性をチェックしています。



Capital(資産)とは?

万が一、クレジットカードの支払いができなかった場合、お金の代わりになるようなもの(持ち家、自動車、貯蓄、株券など)があるのか?をチェックします。


『性格』はカード審査において非常に重要!

スコアリングシステムの合計得点が高い方を高属性、逆に合計点数が低い方を低属性と言われています。 こう聞くと、ある程度、高属性であれば審査に通ると思われがちですが、カード審査とは、属性や信用情報機関から得た情報から総合的に判断されるので、高属性だから確実に審査に通ると言う簡単なものではないのです。

そこで、属性と同じくらい重視されるのが『性格』

信用情報機関に照会されるクレジットヒストリーなどの方法以外に、申込者の性格をどのように判断しているんでしょうか?

それはズバリ!申込書の書き方にあり!
「本当に、この人にカードを発行しても大丈夫だろうか?信用できるのか?」
とカード会社は細かい所まで念入りに調べていきます。
その時に重要なのが申込書の書き方なんです!

「年収も高いしある程度、属性は高そう。審査の甘いカードだし、分からない所は空欄でいいやー」
と軽い気持ちで申込もうとしてい方、要注意です!

どんなに年収が高く、誤字脱字や記入漏れ、雑に書かれた字など、いい加減な記載をしてしまう事が原因で『この人は、いい加減な人』だと判断されてしまい、高属性の方でも審査が通らないなんていうケースもあるのです。

カード会社は、申込書に記載されている文字や誤字脱字からも申込者のCharacter(性格)を判断しているのです。
これは、審査が甘いカード、甘くないカード関係なしに、きちんと記載することが重要!

必ずしも『高属性=信頼性』ではないことを頭に入れ、正確に、嘘偽りのないようにきちんと申込書を記載してくださいね!



すぐに属性は変えられないけど、信頼は変えられる!

まず、カード審査に通りたいと思った時に重要なのは、カード会社が重視する審査ポイントは、自分の属性に合っているのかを比較すること。 自分の属性をある程度理解していれば、申込むカードが断定でき、未然に審査落ちは防げるはずです。

しかし、自分自身ではどうしようもできない低属性も存在しますよね。
例えば、年齢や勤続年数、住宅状況など、変えようにもすぐには無理な事ばかり。

でもここで、クレジットカードの申込みを諦めるのは勿体ない!
審査が通るか不安な方はフリーターや専業主婦など、低属性の方でも審査が通りやすいと言われる、消費者金融系のクレジットカードに挑戦してみましょう。

消費者金融系のクレジットカードの中でも、おすすめなのが『ACマスターカード』です。
ACマスターカード(アコムマスターカード)とは、三菱UFJファイナンシャル・グループが発行する年会費無料のクレジットカード。
業界最速!審査完了まで30分!当日受け取り可能!
他社のカード会社にはない独自の審査基準で、収入が安定しない、パートや主婦の方も審査が摂りいやすいと言われています。
また、343箇所に即日発行機が設置されているので、即日発行できる、最も対応エリアが広いクレジットカードなので、今すぐクレジットカードが欲しい方におすすめです。

『今の自分の属性はどれくらい信頼性があるものなのか?』を確認したい方や、今までに金銭事故を起こしてしまいカード審査に落ちてしまった方で信頼を取り戻したい!という方にもおすすめです。
そして、必ずしも高属性がいいとは限りません。

どのクレジットカードに申し込むにしても、申込書の記載は丁寧かつ慎重に!
大切な人に手紙を送るように、誤字脱字に注意し、丁寧に記載してくださいね!