必見!無職でもカード審査に通る方法とは?

『無職でも、審査が通るクレジットカードはあるのか?』と聞かれれば、基本的にNO!です。
しかし、収入が安定していない無職の時こそクレジットカードが手元にあると安心という方も多いはず。

どんなに毎日節約していても、毎月出ていくお金はあり、生活していく上で、お金は欠かせないものですよね。
無職にも、様々な事情や状況があるので、一概に「無職」というだけでクレジットカード審査に通らないなんてことはありません。

無職になってしまった方でもクレジットカードの審査に通りやすくする方法があるんです。

どんな、方法があるんでしょうか? 気になりますよね。
早速見てみましょう!


無職でもカード審査に通る人と通らない人がいる

日本標準職業分類では『仕事をしているが、収入を伴わない場合』は無職とされています。 しかし、無職と言ってもその人が抱える背景や事情によって様々。

学校に通っている場合は『学生』、結婚して相手の収入があれば『主婦(主夫)』と呼ばれ『無職』とは呼ばれません。
無職の事情によってはクレジットカードの審査を通りやすい方と通りにくいに分かれてきます。

まずはそこからご説明していきます。作れない方に分かれてきますのでまずはそこからご説明していきましょう。


無職でもカード審査に通る方の場合

  • 扶養してくれる人(旦那、親)が定職に就き収入がある。
  • 年金受給で生活をしている高齢者。
  • ネットなどを利用し、在宅ワークを行っている個人事業主。

このような方達は、それなりに年収を得ていると言えます。 カード会社によりますが、職業欄を専業主婦、世帯主である方(旦那又は親)の収入を記入すれば、クレジットカードの審査に申し込むことが可能です。

また、住宅ワークをされている方や、定年を迎え年金受給で生活されている方でも継続的で安定した収入を得ていることにるので、月々の年収を計算し、申込書に記載しましょう。
その際には、申し込み資格を必ず確認しましょう。年金受給者不可という記載があれば申し込み資格が無いので審査を通過することができないので注意が必要です。


審査が通らない人の場合

  • 信用情報機関の情報に、他社からの借入や支払遅延などが残っている。
  • 現在全く収入が無い。
  • 扶養してくれる人(旦那、親)に安定した収入が無い。
  • 住所が特定できない。 など

申し込む時点で全く収入が無い場合、扶養してくれる旦那さんやご両親などに安定した収入が無い場合、他社からの借入が多い場合など、返済能力が低いと思われる場合は審査に通らない可能性があります。
そして、クレジットカードの審査で最も重要なのは信用問題。

これは定職に就いている場合も無職の場合も同じで、『果たしてこの人は期日までにお金を支払ってくれる信用できる人なのか?』ということをカード会社は入念にチェックしていきます。

過去のクレジットカードや金融会社などからの借入、延滞、債務整理の情報は、信用情報機関で全て管理されいます。
よって、過去に支払い遅延をしている場合などは、信用に欠け、カード審査に通りません。

また、他社からの借入が多い場合も返済能力が低いと思われ、審査に通らない場合があります。
まずは、クレジットカードを申し込む前に、各信用情報機関に問い合わせ、過去の自分の信用履歴を把握しておくこと必要なんですね。



無職でも審査に通りやすいポイントとは?

無職の方でも、審査に通りやすいポイントを2つご紹介していくので是非、申し込む際に実践してみて下さい。 『無職ですが、クレジットカード下さい!』と正直に申し込むのはあまりに無謀です。


丁寧に正確に記入しましょう!
申込書が手書きの場合は、誤字脱字が無いよう丁寧に記入してください。 読みづらい字や雑に書かれた字は『いい加減な人』と判断されてしまうケースがあり、審査に影響すると言われています。

職業欄の書き方を工夫しましょう!
実際に無職だからと言って職業欄に正直に無職と記載してしまうと審査を突破することが難しくなってしまいます。 そこでカード審査を申し込む際に、ちょっとした工夫をするだけで審査に通る確率を上げることが出来ます。

その1つに、職業欄の書き方。
無職の方でも簡単になれる職業があるんです。
  • 1つ目は、自営業。 自営業は開業の届けを出さなくてはいけないわけではないので、例えばネットオークションや株取引、ネットを活用して在宅ワークを行っている方など、給与所得以外で何らかの収入があった場合、自称として自営業と記載ができます。

  • 2つ目は、派遣社員。 派遣会社に登録するだけで、職業上は派遣社員として申込みができます。
    無職になってしまった方の場合は上記のいずれかの職業を選択することも可能です。

しかし、カード会社によっては明らかに故意な虚偽内容と判断した場合は、今後一切、審査を通さないという事もあるそうなので注意が必要です。

何かしらの収入を得ている、または得る意思がカード会社に伝わらない限り審査は通りません。 そうならない為にも、不安な方は、他のカード会社と比べ審査基準が異なり、審査が甘いと言われる、消費者金融系のカードに申し込むことをおすすめします。


キャッシング枠とショッピング枠は低く申込みましょう!

クレジットカードを申し込む際には、キャッシング枠とショッピング枠をいくらにするのかを必ず確認されます。 その際に、ショッピング枠とキャッシング枠を低く(キャッシングの場合、可能なら0円に!)申込むと審査が通りやすいと言われています。



無職で無収入…でもクレジットカードが欲しい!

本当に収入が0円…。でも、クレジットカードは欲しい。 という方もいますよね。

最終手段はこの2つ!


家族カードや学生カード
自分が無職だったとしても、配偶者や親が安定した収入を得ていれば『家族カード』を作ることが可能です。 普通のクレジットカードと変わりはありませんが、請求はクレジットカードの持ち主にされるので、何を買ったのかはわかってしまいます。

また、学生の方は、利用限度額が一般的なクレジットカードと比べ低め(10〜30万円くらい)ですが『学生カード』があります。
18歳以上、20歳未満の学生は書類に親権者同意欄があるのでそこへのサインが必要となります。

世帯年収で申し込めるクレジットカード
実家に住んでいる場合、世帯主、家族に安定した収入があれば、クレジットカードの支払いに家族が協力してくれるとカード会社が判断し、世帯主の年収で審査に通る確率が高くなります。
例えば、楽天カードやファミマTカードなどは申込書に世帯主の年収を記載する項目があるので、無職の方でも審査に通ると言われています。
しかし、世帯主の年収で発行されるクレジットカードは簡易発行のため、利用限度額が低く(30万円以下)キャッシング枠は付与されません。また、支払方法も一括支払いのみの場合が多いと言われています。

そして、世帯年収で申し込む場合はクレジットヒストリー(信用情報)が良好ではないと審査には通らないので注意が必要です。

不安な方は、申し込む前に過去の自分の信用履歴を各信用情報機関に確認してみましょう。

カード審査に通らない…。本当の最終手段はこれだ!

先ほど、ご説明した『無職でもカード審査に通る方の場合』に当てはまる方でも油断は禁物!
過去に、クレジットカードの支払いはもちろん、携帯電話、割賊購入の支払い、家賃(保障会社利用の場合)や住宅ローン、奨学金などの支払いを延滞、放置してしまった場合でも、信用情報機関に金銭事故として登録され、クレジットヒストリーに大きく影響してきます。
無職の中でも審査が通りやすいといだけで、100%、審査が通るわけではないのです。

どうしても審査が通らない…。しかし生活や、今後働いてく上でクレジットカードが必要!
という方の本当の最終手段は『デビットカード』。

クレジットカードのような審査はなく、安定した収入が無い無職の方でも作ることが可能です。

国際ブランドがついているクレジットと同じく店頭やネットで利用でき、銀行口座にある預金残高分だけ利用ができるシステム。
基本的に即時引き落としなので、過去のクレジットヒストリーに問題があり現時点でクレジットカードを持てない無職の方のリハビリにも良いと言われるカードと言えるでしょう。
しかし残念ながらデビットカードはクレジットヒストリーにはなりません。
そこは割り切ってまずは定職に就き、安定した収入を得て無職から卒業するというきっかけ作りだとプラスに考え上手に利用していきましょう!